安定性分析の表示する結果を指定する

統計 > 回帰 > 安定性分析 > 安定性分析 > 結果

表示できる結果は、バッチ因子があるかどうか、バッチ因子が固定因子または変量因子かどうかによって変わります。

バッチ因子がない場合

モデルにはバッチ因子が含まれていない場合、以下の結果を表示できます。
結果の表示
  • 単体表:すべての表の簡易版を表示します。
  • 拡張表:分散分析、係数、モデルの要約、適合値と診断の表の拡大版を表示します。
方法
表示を実行する場合、データの欠落やBox-Cox変換に関する情報が含まれる表を表示します。
分散分析
ソースとp値による平方和が含まれる分散分析(ANOVA)表を表示します。
モデル要約
R2を含むモデルの適合性を評価する統計量を表示します。
係数
係数、効果、p値を表示します。
回帰式
回帰式を表示します。
適合値と診断
  • 異常な観測値のみ異常な観測値のみに対する適合値、残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値:全観測値の適合値、残差、診断統計量を表示します。
保存期間
製品の保存期間に関する最後の推定値を表示します。

固定バッチ因子

モデルには固定のバッチ因子が含まれていない場合、以下の結果を表示できます。

結果の表示
  • 単体表:すべての表の簡易版を表示します。
  • 拡張表:分散分析、係数、モデルの要約、適合値と診断の表の拡大版を表示します。
方法
表示を実行する場合、データの欠落やBox-Cox変換に関する情報が含まれる表を表示します。
因子情報
バッチ因子名、バッチ因子の種類、バッチ数が含まれている因子情報を表示します。
モデル選択
モデル選択の結果(最後のモデルから削除される項を含む)を表示します。
分散分析
ソースとp値による平方和が含まれる分散分析(ANOVA)表を表示します。
モデル要約
R2を含むモデルの適合性を評価する統計量を表示します。
係数
係数、効果、p値を表示します。
回帰式
回帰式を表示します。
適合値と診断
  • 異常な観測値のみ異常な観測値のみに対する適合値、残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値:全観測値の適合値、残差、診断統計量を表示します。
保存期間
製品の保存期間に関する最後の推定値を表示します。

変量バッチ因子

モデルに変量のバッチ因子が含まれている場合、以下の結果を表示できます。

結果の表示
  • 単体表:すべての表の簡易版を表示します。
  • 拡張表:分散分析、係数、モデルの要約、適合値と診断の表の拡大版を表示します。
方法
表示を実行する場合、データの欠落やBox-Cox変換に関する情報が含まれる表を表示します。
因子情報
バッチ因子名、バッチ因子の種類、バッチ数が含まれている因子情報を表示します。
モデル選択
モデル選択の結果(最後のモデルから削除される項を含む)を表示します。
反復履歴
選択モデルを使用して、分析の各反復の–2 × 対数尤度を表示します。
分散成分
最後のモデルの分散成分の推定値を表示します。
分散成分推定の共分散行列
分散成分推定値の分散共分散行列を表示します。
モデル要約
R2を含むモデルの適合性を評価する統計量を表示します。
係数
係数、効果、p値を表示します。
ランダム効果予測
最後のモデルにあるランダム項の統計量を表示します(予測可能な場合、各水準の最良線形不偏予測値(BLUP)を含む)。
周辺適合式
周辺適合値の式を表示します。
周辺適合値と診断
  • 異常な観測値のみ: 異常な観測値のみの周辺適合値、周辺残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値: すべての観測値の周辺適合値、周辺残差、診断統計量を表示します。
条件付き適合値と診断
条件付き適合値、条件付き残差、診断を表示します。Minitabがこの表を表示するのは、ランダム項、バッチ、または時間交互作用によるバッチのいずれかが最後のモデルに含まれる場合のみです。
  • 異常な観測値のみ: 異常な観測値のみの条件付き適合値、残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値: すべての観測値の条件付き適合値、残差、診断統計量を表示します。
保存期間
製品の保存期間に関する最後の推定値を表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください