安定性分析の保存期間

保存期間プロット

保存期間プロットは、時系列での応答の線形変化を表示します。このプロットは、推定保存期間も表示します。

バッチが変量因子である、または最後のモデルに含まれていない場合、Minitabはすべてのバッチを示す1つのプロットを表示します。バッチが固定因子であり、最後のモデルに含まれている場合、複合プロットに表示されるバッチ数とバッチごとのプロットを表示するかどうかを指定できます。

個々のバッチのプロットは特定のバッチの保存期間を表示します。複合プロットは保存期間全体を表示します。

保存期間推定値表

デフォルトでは、バッチが固定因子の場合の保存期間は、応答の少なくとも50%が規格の範囲内にあることを95%信頼できる期間です。バッチが変量因子の場合、デフォルトの保存期間は、応答の少なくとも95%が規格の範囲内にあることを95%信頼できる期間になります。分析を厳しくしたり緩めたりするために信頼水準と割合を変更できます。詳細は安定性分析の分析のオプションを選択するを参照してください。

解釈

バッチ因子が最後のモデルに含まれていない場合、保存期間はすべてのバッチに対して同じです。そうでない場合、バッチごとの保存期間は異なります。バッチ因子が固定の場合、Minitabはバッチごとの保存期間推定値を表示します。固定バッチ因子の場合、製品の全体保存期間は個別の保存期間の最小値と等しいです。変量バッチ因子の場合、保存期間の推定値はバッチ間の分散を説明し、個別の保存期間の最小値よりも小さく、または大きくなることがありました。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください