安定性分析の予測の統計量を保存する

統計 > 回帰 > 安定性分析 > 予測 > 保存

分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

モデルに変量バッチ因子が含まれる場合、Minitabは、選択されたバッチの変量バッチにそれぞれのチェックボックスを表示します。
予測された適合
これらの値は列PFITSに保存されます。変量バッチ因子がある場合、選択されたバッチの予測適合値はCPFITSに保存されます。
標準誤差
これらの値は列PSEFITSに保存されます。変量バッチ因子がある場合、選択されたバッチの予測適合値はCPSEFITSに保存されます。
信頼限界
これらの値は列CLIMに保存されます。変量バッチ因子がある場合、選択されたバッチの予測適合値はCCLIMに保存されます。
予測限界
これらの値は列PLIMに保存されます。変量バッチ因子がある場合、選択されたバッチの予測適合値はCPLIMに保存されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください