安定性分析の予測のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、分析の実行および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。
まず安定性分析を実行する
新しい観測値の応答を予測する前に安定性分析を実行する必要があります。
モデルが分析の過程を満たすかどうかを検証する
モデルが元の分析の仮説を満たさない場合、予測は正確ではない可能性があります。
予測変数の値は、モデルを適合するために使用したデータの範囲内にある
データの関係に一貫性が残っているか確かではないので、元データの予測を大幅に拡張する場合はご注意ください。例えば、データの終点の後では、薬品が効果を失う速度は速くなります。古いサンプルでさらに検定するだけで、保存期間推定値が正確であるかを確認できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください