適合回帰モデルで表示する結果を選択する

統計 > 回帰 > 回帰 > 回帰モデルの当てはめ > 結果
結果の表示
  • 基本の表:リリース16の回帰と一致する表を表示します。
  • 単体表:すべての表の簡易版を表示します。
  • 拡張表:分散分析、係数、モデルの要約、適合値と診断の表の拡大版を表示します。
方法
デフォルト以外の設定内容を要約した表を表示します。
分散分析
要因とp値ごとの平方和を含む分散分析表を表示します。
モデル要約
R2を含むモデルの適合性を評価する統計量を表示します。
係数
係数、係数の標準誤差、t値、p値、VIFを表示します。モデルにカテゴリ予測変数が含まれる場合、ドロップダウンから表に含めるカテゴリ予測変数の係数の数を制御できるようになります。
  • デフォルト係数:カテゴリ予測変数のすべての一次独立係数を表示します。
  • 係数のフルセット:カテゴリ予測変数のすべての水準(最終、一次従属、水準など)について係数を表示します。
回帰式
回帰式を表示します。モデルにカテゴリ予測変数が含まれる場合、ドロップダウンから表示させる式の数を制御できるようになります。
  • 各因子水準の別個の式:カテゴリ予測変数の各組み合わせに対する別個の式を表示します。
  • 単一式:全カテゴリ予測変数の全水準が含まれる1つの式を表示します。
適合値と診断
  • 異常な観測値のみ異常な観測値のみに対する適合値、残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値:全観測値の適合値、残差、診断統計量を表示します。
Durbin-Watsonの統計量
自己相関の検定を行うダービンーワトソン統計量を表示します。詳細は、ダービンーワトソンの統計量を使用した自己相関の検定を参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください