2値適合線プロットのデータを入力する

統計 > 回帰 > 2値適合線プロット

応答/度数フォーマットでの応答

応答データが、2つの異なる値を持つ1つの列の場合、以下のステップを完了させます。オプションとして、データに、該当行の応答と予測変数の値に相当する応答のカウント数が含まれる列を組み込むことができます。

  1. ドロップダウンから、応答/度数フォーマットでの応答を選択します。
  2. 応答に、解析または予測する2値データの列を入力します。 2値変数は、合格・不合格や真・偽など、2つの水準を持つカテゴリ変数です。応答はY変数とも呼ばれます。
  3. 応答事象に、どの事象で分析を説明するかを選択します。
  4. (オプション)度数に、該当行の応答および予測変数の値に相当するカウント値が含まれている列に入力します。
  5. 予測変数に、応答の変化を解析または予測する連続変数を入力します。予測変数はX変数とも呼ばれます。
このワークシートでは、購入は応答であり、顧客が新しいブランドのシリアル製品を購入したかどうかを示します。応答事象ははいです。収入は連続予測変数です。行1にあるデータは、収入が37,000ドルの顧客が新しいブランドのシリアル製品を購入したことを示します。
C1 C2
購入 収入
はい 37,000ドル
いいえ 47,000ドル
はい 34,000ドル
はい 58,000ドル
このワークシートでは、応答と予測変数は前述のサンプルと同じですが、データには度数変数も含まれます。度数には、行ごとに応答値と予測変数値の組み合わせに対応する顧客の人数が含まれます。1行目は、収入が40,000ドルの2人の顧客が新しいブランドのシリアル製品を購入したことを示しています。
C1 C2 C3
購入 収入 度数
はい 40,000ドル 2
いいえ 40,000ドル 12
はい 45,000ドル 1
いいえ 45,000ドル 6

事象/試行フォーマットでの応答

対称となる成功数または事象数がある列と試行回数がある列の2つの列に応答データが含まれている場合、以下のステップを完了させます。
  1. 事象と試行がある2つの列に応答データが含まれている場合、ドロップダウンから事象/試行フォーマットでの応答を選択します。
  2. 事象名(V)にデータの事象名を入力します。たとえば、事象は、成功や不適合ユニット、購入になり得ます。
  3. 事象数に、事象数がある列を入力します。
  4. 試行回数に、試行回数がある列を入力します。試行は、事象数に非事象数を足したものです。
  5. 予測変数に、応答の変化を解析または予測する連続変数を入力します。予測変数はX変数とも呼ばれます。
このワークシートでは、購入に事象数が含まれており、新しいブランドのシリアル製品を購入した顧客の人数を示します。試行には試行回数が含まれ、予測変数の組み合わせのために調査された顧客の総数を示します。収入は連続予測変数です。1行目は、収入が37,000ドルの20人の顧客が調査され、その内の2人が新しいブランドのシリアル製品を購入したことを示しています。
C1 C2 C3
購入 試行 収入
2 20 37,000ドル
0 3 37,000ドル
4 12 40,000ドル
3 18 34,000ドル
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください