2値適合線プロットの概要

1つの連続予測変数と1つの2値応答の関係を表示するには、適合線プロットを使用します。2値応答には、合格や不合格などの2種類の結果があります。

たとえば、医療研究者は、患者が心筋梗塞を患う年齢と、治療後に患者が好ましい結果を得られるかどうかとの関係を調べたいと考えます。応答は2値変数であり、予測変数は1つしかないので、研究者は2値適合線プロットを使用します。

この分析の場所

2値適合線プロットを作成するには、統計 > 回帰 > 2値適合線プロットを選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください