ヘイウッド(Heywood)ケースとは

ヘイウッド(Heywood)ケースは、因子分析において、反復最尤推定法を使って、事前設定された下限値より小さい一意(特定)の分散値に収束するときに発生します。Minitabは、これらの一意の分散の値に0を設定し、これらに対応する共通性に1を設定します。ヘイウッド・ケースは、抽出される因子が多すぎる、または、サンプルサイズが小さすぎるときにしばしば発生します。

ヘイウッド(Heywood)ケースが発生すると、セッションウィンドウ出力に* 注 * ヘイウッド・ケースと表示されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください