主成分分析と因子分析の差とは

主成分分析と因子分析は、両方とも変数の構造を単純化するために使用するので、似ています。ただし、これらの分析は、次のようないくつかの重要な点で異なります。
  • Minitabでは、主成分分析を使用するときに生データのみ入力できます。しかし、因子分析を使用するときには生データ、相関行列または共分散行列、あるいは過去の分析で計算された負荷量を入力できます。
  • 主成分分析では、成分は、元の変数の線形結合として計算されます。因子分析では、元の変数は、因子の線形結合として定義されます。
  • 主成分分析の目的は、変数の全分散をできるだけ多く説明することです。因子分析の目的は、変数間の共分散または相関を説明することです。
  • 主成分分析を使用して、データを少数の成分数に減らします。因子分析を使用して、どのような構成がデータの根底にあるかを理解します。

多くの場合、この2つの分析は、同じデータに対して行われます。たとえば、主成分分析を行って、因子分析で抽出する因子数を決定できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください