判別分析を使用して、新しい観測値のグループ所属を予測する

通常、判別分析は、既に観測値がわかっているグループから判別関数を計算するために使用します。判別関数を使用すれば、新しい観測値がどのグループに属するかを予測できます。

説明変数が、応答の水準について、同じ共分散行列で多変量正規分布に従わない場合は、標準的な判別分析法を使用すると、統計的な矛盾が生じます。このようなケースでは、ロジスティック回帰を使用すると、より正確な結果が得られます。

  1. 統計 > 多変量解析 > 判別分析を選択します。
  2. に、元のサンプルのグループコードが含まれている列を入力します。
  3. 予測変数に、元のサンプルの測定値データが含まれている列を入力します。
  4. オプションをクリックします。次のグループ所属を予測するに、1つまたは複数の観測値を表す定数または列を入力します。定数または列の数は、予測変数の数と等しくする必要があります。
  5. 必要に応じて他のダイアログボックスオプションを選択して、OKをクリックします。

    観測値に対して判別関数の値を計算(計算 > 計算機を選択)して、関数の最大値を持つグループに割り当てることもできます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください