単純コレスポンデンス分析のデータを入力する

統計 > 多変量解析 > 単純コレスポンデンス分析
  1. データに合ったオプションを選択します。
    • カテゴリ (分類) 変数:カテゴリ変数を入力します。組み合わせるサブダイアログボックスを使用しない場合、2つのワークシートの列を入力します。1列目は行カテゴリ用です。2列目は列カテゴリ用です。Minitabでは、入力したデータから分割表を作成します。

      このワークシートでは、性別列に分割表の行カテゴリが含まれ、健康列には列カテゴリが含まれます。
      C1-T C2-T
      性別 健康
      男性 不調
      女性 良好
      女性 良好
      男性 極めて良好
      女性 不調
      女性 極めて良好

    • 分割表の列:分割表の列を入力します。入力した各ワークシート列は、分割表の1つの列を形成します。分割表の値はすべて、0か正の整数である必要があります。

      このワークシートのワークシートセルには、分割表(CT)を構成する頻度(度数)が含まれます。列は、5つの資金カテゴリ(A、B、C、D、E)を表します。行は学問分野(地質学や物理学など)を表します。このため、行1、列2の値は、11人の地質学研究者が資金カテゴリBに分類されることを示しています。
      C1 C2 C3 C4 C5 C6 C7
      CT1 CT2 CT3 CT4 CT5 行名 列名
      3 11 2 7 2 地質学 A
      12 13 4 16 6 物理学 B
      16 22 24 23 8 化学 C
      3 5 21 23 11 植物学 D
      8 5 13 32 4 動物学 E

    この分析を行う前に、欠損しているデータのある行をワークシートから除外してください。

  2. 行名では、分割表の行に名前の列を入力できます。名前の列はテキスト列で、長さは分割表の行数と同じでなければなりません。表には名前の最初の8文字だけが、グラフには完全な名前が表示されます。名前の列を入力しない場合、行1、行2といった行名がつけられます。
  3. 列名では、分割表の列に名前の列を入力できます。名前の列はテキスト列で、長さは分割表の列数と同じでなければなりません。表には名前の最初の8文字だけが、グラフには完全な名前が表示されます。名前の列を入力しない場合、列1、列2といった列名がつけられます。
  4. 成分数では、計算する成分の数を入力します。成分の最小数は1です。分割表の行数がr、列数がcの場合には、成分の最大数は(r-1)と(c-1)のどちらか小さい方になります。この数は、プロファイルを射影する部分空間の次元と等しくなります。デフォルトの成分数は2です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください