単純コレスポンデンス分析の変数を組み合わせる

統計 > 多変量解析 > 単純コレスポンデンス分析 > 組み合わせる

メインダイアログボックスのカテゴリ (分類) 変数にワークシート内の3つか4つの列を入力する場合、変数を交差させて、2元分割表の行および・または列を形成できます。変数を交差させることにより、この分析を使用して、3元分割表および4元分割表から得られるデータを評価できます。

最初の2つの変数を組み合わせて行を作成し、後の2つの変数を組み合わせて列を作成します。行または列のいずれかの変数を交差させるには、メインダイアログボックスの3つのカテゴリ変数を入力する必要があります。行と列の両方の変数を交差させるには、メインダイアログボックスに4つのカテゴリ変数を入力する必要があります。

次を使用して分割表の行を定義する

次のいずれかのオプションを選択して、行を定義します。

  • 最初の変数:メインダイアログボックスに入力する最初の列を使用して、分割表の行を形成します。変数を交差させたくない場合はこのオプションを選択して、行を形成します。
  • 最初の2変数の組合せ:メインダイアログボックスに入力した最初の2つの列にカテゴリを交差させて、分割表の行を形成します。
次を使用して分割表の列を定義する

次のいずれかのオプションを選択して、列を定義します。

  • 最後の変数:メインダイアログボックスに入力した最後の行を使用して、分割表の列を形成します。変数を交差させたくない場合、このオプションを選択して、列を形成します。
  • 最後の2変数の組合せ: メインダイアログボックスに入力した最後の2つの列のカテゴリを交差させて、分割表の列を形成します。

次の例は、行の交差を示しています。列の交差も方法は同じです。2つの変数があるとします。行変数「性別」には男性と女性の2つの水準があります。列変数「年齢」には、「若年」「中年」「高年」の3つの水準があります。

年齢を持つ性別を交差することにより、次のように、2元分割表に2 x 3 = 6行を作成します。
女性 高年
女性 中年
女性 若年
男性 高年
男性 中年
男性 若年

デフォルトでは、テキスト値はアルファベット順に並べられます。テキスト値の並び順をカスタマイズするため、値の順序を変更できます。詳細はMinitab出力でのテキスト値の表示順序の変更を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください