多重コレスポンデンス分析のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

生データまたは指標表の形式のデータを持つことができます。
行カテゴリデータの場合、各行は1つの観測値から成り、1つまたは複数の分類列が作成できます。データはカテゴリを表し、数値、テキスト、または日付・時刻のいずれかになります。データが指標変数の形式の場合、各行は1つの観測値も表し、カテゴリ水準ごとに1つの指標列を持ちます。この形式のデータは0から成り、観測値が属するカテゴリを特定できる1は除きます。詳細は多重コレスポンデンス分析のデータを入力するを参照してください。この分析を行う前に、欠損しているデータのある行をワークシートから除外してください。
追加データを使用できます。
分析に使用するデータ(主要セット)と同じ形式の付加的または追加データを使用することもあります。追加データの例として、その分析の詳細情報、他の分析の情報、または目標プロファイルなどがあります。過去の値または既知の基準を持つことが多い追加データを使用して成分を検証できます。分析から削除した外れ値などの補助データのスコアを調査できます。追加データは、出力結果に表示されますが、成分には影響を与えません。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください