因子分析のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

少なくとも2つの変数が必要です。
各変数の測度は、数値の列ごとに記録する必要があります。代わりに、過去の分析で保存された相関行列または共分散行列、あるいは因子負荷量を入力できます。
基本的な因子ごとに少なくとも3つの変数を持たせる必要があります。
一般に、データ内の3変数ごとに複数の因子を持たせてはなりません。たとえば、12個の変数がある場合、抽出する因子は4個までにする必要があります。
変数のグループの相関は高くなるはずです。
分析結果が有用な場合、変数のグループの相関は高くなりますが、異なるグループの変数との間の相関は小さくなります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください