タグチ応答データのワークシート内での配置方法

一般的なタグチ法の頑健なパラメータ計画実験では、制御因子の各組み合わせを雑音条件のそれぞれに対応させて応答変数を測定する必要があります。動的実験の実行時には、応答は信号因子の各水準で測定されます。応答は、それぞれの雑音条件でワークシートの別個の応答列に記録します。

列A~E(制御因子)および圧力(信号因子)が直交表計画の列です。雑音1と雑音2は各雑音条件で測定された応答データです。
A B C D E 圧力 雑音1 雑音2
1 1 1 1 1 20 37 48
1 1 1 1 1 40 71 93
1 1 2 2 2 20 29 44
1 1 2 2 2 40 51 86
2 2 1 1 2 20 19 30
2 2 1 1 2 40 39 57
2 2 2 2 1 20 33 39
2 2 2 2 1 40 62 76
1 2 1 2 1 20 25 33
1 2 1 2 1 40 51 60
1 2 2 1 2 20 44 60
1 2 2 1 2 40 79 109
2 1 1 2 2 20 31 44
2 1 1 2 2 40 66 82
2 1 2 1 1 20 22 32
2 1 2 1 1 40 47 65
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください