タグチ計画の分析で表示する分析グラフを選択する

統計 > 実験計画法(DOE) > タグチ > タグチ計画の分析 > 分析グラフ

生成する残差プロットを選択します。このボタンは、分析サブダイアログボックスから、適合する線形モデルを選択した場合のみ有効になります。

残差プロットに表示する残差のタイプ
残差プロットに表示する残差のタイプを指定します。詳細は、Minitabに含まれる残差の種類を参照してください。
  • 通常:残差プロットで通常の残差を使用します。
  • 標準化:残差プロットで標準化残差を使用します。
  • 削除:残差プロットで削除残差を使用します。
標準偏差の線形モデルにLn残差を使用するには、オプションサブダイアログボックスから自然対数変換した標準偏差を応答変数として使用の使用を指定します。
残差プロット
残差プロットを使用して、モデルが分析の仮定を満たすかどうかを調査します。詳細はMinitabの残差プロットを参照してください。
  • 個別プロット:表示する残差プロットを選択します。
    ヒストグラム
    残差のヒストグラムを表示します。
    正規プロット
    残差の正規プロットを表示します。
    残差対適合値
    残差対適合値のプロットを表示します。
    残差対データ順序
    残差対データ順序のプロットを表示します。
  • 一覧表示:4つすべての残差プロットを1つのグラフに表示します。
残差対変数
残差に対してプロットする1つ以上の変数を入力します。以下の変数の種類をプロットすることができます。
  • 現在のモデルにすでに含まれている変数。
  • 応答に関連しているかを判断するための、モデルに含まれていない重要な変数。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください