決定的スクリーニング計画を分析の例

技師が新しい超音波洗浄機を開発中だとします。技師はスクリーニング計画を使用して、洗浄機の出力電力に影響を与える潜在的な因子を判断します。

技師の1人が決定的スクリーニング計画を分析して、7つの因子のうち、電力の出力の効果が最も大きいものを決定します。電力の出力は洗浄できるほど高い必要があります。同時に、電力の出力は、商品に傷をつけることなく洗浄できるほど低い必要もあります。

  1. サンプルデータを開く、超音波洗浄機.MTW.
  2. 統計 > 実験計画法(DOE) > スクリーニング > スクリーニング計画の分析を選択します。
  3. 応答電力を入力します。
  4. をクリックします。
  5. 次の項を含むで、線形を選択します。OKをクリックします。
  6. グラフをクリックします。
  7. 残差プロットで、一覧表示を選択します。
  8. 残差対変数にチェックを入れます。静穏性掃除を入力します。
  9. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

パレート図で、技師は最も大きい主効果が習得(A)と静音(D)にあることがわかります。スクリーニング実験から、技師は、2つの因子がさらなる分析の検討に最も値すると結論づけます。

残差対適合値プロットはU字型の曲線を示します。このパターンは、モデルに二乗項または交互作用が欠損していることを示します。静穏性掃除に対する残差のプロットも曲線を示します。潜在的なモデルの調査では、技師はこれらの因子の二乗項を検討することに決めます。

スクリーニング計画モデル: 電力対練習, ガス抜き, 破裂, 静穏性, 中心, 帯域幅, ...

分散分析 調整平 要因 自由度 調整平方和 均平方 F値 p値 モデル 7 61803.7 8829.1 3.40 0.046 線形 7 61803.7 8829.1 3.40 0.046 練習 1 38451.1 38451.1 14.80 0.004 ガス抜き 1 11.2 11.2 0.00 0.949 破裂 1 1040.6 1040.6 0.40 0.542 静穏性 1 21938.4 21938.4 8.45 0.017 中心 1 77.8 77.8 0.03 0.866 帯域幅 1 171.5 171.5 0.07 0.803 掃除 1 113.1 113.1 0.04 0.839 誤差 9 23375.4 2597.3 合計 16 85179.2
モデル要約 R二乗 (調 R二乗 S R二乗 整済み) (予測) 50.9634 72.56% 51.21% 4.50%
コード化係数 係数の標 項 係数 準誤差 t値 p値 VIF 定数 657.8 12.4 53.22 0.000 練習 52.4 13.6 3.85 0.004 1.00 ガス抜き 0.9 13.6 0.07 0.949 1.00 破裂 8.6 13.6 0.63 0.542 1.00 静穏性 -39.6 13.6 -2.91 0.017 1.00 中心 -2.4 13.6 -0.17 0.866 1.00 帯域幅 3.5 13.6 0.26 0.803 1.00 掃除 2.8 13.6 0.21 0.839 1.00
非コード化単位の回帰式 電力 = 626.5 + 116.5 練習 + 2.0 ガス抜き + 1.92 破裂 - 8.80 静穏性 - 0.47 中心 + 0.70 帯域幅 + 0.57 掃除
交絡構造 (次数2まで) 因子 名前 A 練習 B ガス抜き C 破裂 D 静穏性 E 中心 F 帯域幅 G 掃除
別名 I + 0.82 AA + 0.82 BB + 0.82 CC + 0.82 DD + 0.82 EE + 0.82 FF + 0.82 GG A B C D E F G
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください