重ね合わせ等高線プロット

1つ以上の応答変数の予測平均の範囲が許容範囲内の領域を視覚化するには、重ね合わせ等高線プロットを使用します。複数の応答は、単一の応答よりも扱いが複雑です。ある応答にとっては最適な変数値でも、別の応答にとっては最適からほど遠いかもしれません。重ね合わせ等高線プロットを使えば、すべての応答を考慮し、妥協点となり得る領域を判別することができます。

詳細は、適合されたモデルの使用の重ね合わせ等高線プロットを参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください