等高線プロットと曲面プロット

保存モデルがあり、適合応答と、2つの連続変数の関係をプロットする場合、等高線プロット曲面プロットを使用します。等高線プロットでは、同じ応答値を有するすべての点がつながれて形成された等高線により、2次元図が作成されます。曲面プロットでは、変数をX軸とY軸で、応答変数(Z)を滑らかな曲面で表現して、3次元の関係を2次元で表示します。

詳細は、適合されたモデルの使用の等高線プロット曲面プロットを参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください