統計 > 実験計画法(DOE) > 計画を修正 > 因子を修正 > 指定する

本トピックは、スクリーニング計画、要因計画、および応答曲面計画に適用します。

因子名と因子水準値を修正します。通常は、計画作成の際に因子の水準を指定しなかった場合に、因子を修正します。デフォルトの水準設定は、低水準が-1、高水準が1です。実験を正しく分析するためには、ワークシートに直接水準を入力するのではなく、計画を修正を使用する必要があります。計画した設定値と異なる設定値を持つ個別の実行に対しては、ワークシートに変更を入力します。

たとえば、ある技師が温度と圧力の効果を分析する計画を作成するとします。Minitabで計画を作成する際、技師は因子水準を指定しませんでした。そのため、因子の低水準が-1、高水準が1に自動的に設定されています。技師は、データを収集する前に因子水準を意味を成す値に設定したいと考えています。

計画を作成したときに因子水準を指定した場合は、計画を表示からコード化と比コード化を切り替えることができます。

因子
計画内の因子を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
名前
因子の名前を変えたい場合に、新しい名前を入力します。
タイプ
因子が数値かテキストかを表します。この列に対して入力を行うことはできません。
下限側
因子の最低値を表す値を入力します。たとえば、数値の最低値に「50」や、テキスト値の最低値に「低」と入力します。
上限側
因子の最高値を表す値を入力します。たとえば、数値の最高値に「100」や、テキスト値の最高値に「高」と入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください