使用可能な分割実験計画を表示

統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 要因計画の作成 > 利用可能な計画を表示
表を使用すると適切な計画を選択しやすくなります。表には次の特性が表示されます。
  • 変更が難しい因子の数
  • 変更が簡単な因子の数
  • プロット全体の数
  • サブプロットの実行数
  • 計画の分解能
  • 計画においてプロット全体で交絡する、最低次の交互作用の交互作用(必要な場合)
このダイアログボックスに直接入力することはできません。詳細は、次のトピックを参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください