変動性の分析の共変量を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 変動性の分析 > 共変量

モデルに含める共変量を持つ列を選択します。モデルには、最大50までの共変量を含めることができます。

実験計画において、一般に共変量は観測可能であるが制御が困難な連続変数の効果を説明するのに使用されます。誤差分散を減らすためにモデルに共変量を追加します。たとえば、2つの異なる種類のペンキが乾くまでの時間に対する共変量「周辺温度」の効果を制御したいとします。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください