変動性の分析の例

ある建築製品製造会社の品質エンジニアが、新しい断熱材製品を開発しています。エンジニアは、いくつかの因子が断熱材の強度の変動性に及ぼす影響を調査するために、2水準完全実施要因計画実験を計画します。強度実験の実施中に、断熱材強度の変動性に対する因子の影響を調べるため、追加サンプルを収集することにします。エンジニアは、因子設定の各組み合わせに対して強度の6つの繰り返し測定値を収集し、繰り返しの標準偏差を計算します。

技師は、材料タイプ、射出圧力、射出温度、および冷却温度が断熱材の強度の変動性にどのように影響するかを判断するために、要因計画の変動性を分析します。

  1. サンプルデータ断熱材の強度.MTW.
  2. 変動性分析の応答の前処理の例を実行します。
  3. 統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 変動性の分析を選択します。
  4. 応答 (標準偏差)に、「標準」と入力します。
  5. をクリックします。
  6. モデルに含める項の次数で、ドロップダウンリストから2を選択します。OKをクリックします。
  7. グラフをクリックします。
  8. 効果プロットで、パレート図を選択します。
  9. 残差プロットで、一覧表示を選択します。
  10. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

分散分析表では、材料の主効果のp値と、材料*射出圧力の交互作用は、水準0.05において有意です。エンジニアはモデルの縮約を検討できます。

R2値はモデルは強度における分散の97.75%を説明していることを示します。これはモデルがきわめて良好にデータに適合することを示しています。

効果のパレートプロットを使用すると、重要な効果を視覚的に識別して、さまざまな効果の相対的重要度を比較することができます。また、材料*射出圧力(AB)は最も長く延びているため、これが最大の効果を持つこともわかります。材料*冷却温度(AD)は最も短いので、効果は最小です。

残差プロットから、モデルに問題がないことがわかります。

変動性の分析: 標準偏差対材料, 射出圧力, 射出温度, 冷却温度

方法 推定 最小二乗
Ln (標準偏差) に対する分散分析 調整平 要因 自由度 調整平方和 均平方 F値 p値 モデル 10 65.4970 6.5497 21.73 0.002 線形 4 31.7838 7.9459 26.36 0.001 材料 1 30.0559 30.0559 99.71 0.000 射出圧力 1 1.1104 1.1104 3.68 0.113 射出温度 1 0.1005 0.1005 0.33 0.589 冷却温度 1 0.5170 0.5170 1.71 0.247 2元交互作用 6 33.7132 5.6189 18.64 0.003 材料*射出圧力 1 32.0953 32.0953 106.47 0.000 材料*射出温度 1 1.1466 1.1466 3.80 0.109 材料*冷却温度 1 0.0010 0.0010 0.00 0.956 射出圧力*射出温度 1 0.2046 0.2046 0.68 0.448 射出圧力*冷却温度 1 0.2642 0.2642 0.88 0.392 射出温度*冷却温度 1 0.0014 0.0014 0.00 0.948 誤差 5 1.5072 0.3014 合計 15 67.0043
Ln (標準偏差) のモデル要約 R二乗 (調 R二乗 S R二乗 整済み) (予測) 0.549040 97.75% 93.25% 76.97%
Ln (標準偏差) のコード化係数 係数の標 項 効果 比の効果 係数 準誤差 t値 p値 VIF 定数 0.3424 0.0481 7.12 0.001 材料 -0.9598 0.3830 -0.4799 0.0481 -9.99 0.000 1.00 射出圧力 -0.1845 0.8315 -0.0922 0.0481 -1.92 0.113 1.00 射出温度 0.0555 1.0571 0.0278 0.0481 0.58 0.589 1.00 冷却温度 -0.1259 0.8817 -0.0629 0.0481 -1.31 0.247 1.00 材料*射出圧力 -0.9918 0.3709 -0.4959 0.0481 -10.32 0.000 1.00 材料*射出温度 0.1875 1.2062 0.0937 0.0481 1.95 0.109 1.00 材料*冷却温度 0.0056 1.0056 0.0028 0.0481 0.06 0.956 1.00 射出圧力*射出温度 -0.0792 0.9239 -0.0396 0.0481 -0.82 0.448 1.00 射出圧力*冷却温度 -0.0900 0.9139 -0.0450 0.0481 -0.94 0.392 1.00 射出温度*冷却温度 0.0066 1.0066 0.0033 0.0481 0.07 0.948 1.00
非コード化単位の回帰式 Ln (標準偏差) = -1.30 - 0.158 材料 + 0.0148 射出圧力 + 0.0180 射出温度 + 0.0031 冷却温度 - 0.01322 材料*射出圧力 + 0.01250 材料*射出温 度 + 0.00028 材料*冷却温度 - 0.000141 射出圧力*射出温度 - 0.000120 射出圧力*冷却温度 + 0.000044 射出温度*冷却温度
交絡構造 因子 名前 A 材料 B 射出圧力 C 射出温度 D 冷却温度
別名 I A B C D AB AC AD BC BD CD
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください