多重比較のためのダネットの方法とは

ダネットの方法は、分散分析において各因子水準平均と対照群平均間の差の信頼区間を作成するために使用します。区間にゼロが含まれる場合、比較対象の2つの平均に有意な差はありません。すべての比較に全体過誤率を指定すると、ダネットの方法によって個々の比較に対する信頼水準が決まります。

ダネットの方法の例

3種類のやせ薬について、プラシーボと有意に異なるかどうかを調べるとします。二重盲検法で、50人に錠剤A、50人に錠剤B、50人に錠剤C、50人にプラシーボを与えます。プラシーボグループは対照群です。各グループの平均体重減少量を記録してダネットの方法を使用した分散分析を実行し、3つの錠剤の体重減少量がプラシーボの体重減少量と有意に異なるかどうかを調べます。ダネットの方法では、3つの信頼区間が作成されます。1つはグループAとプラシーボグループとの平均体重減少量の差、1つはグループBとプラシーボグループとの平均体重減少量の差、もう1つはグループCとプラシーボグループとの平均体重減少量の差です。3つすべての比較の全体過誤率を0.10に設定するので、すべての比較の信頼水準が90%になります。

錠剤Aとプラシーボの差の信頼区間にはゼロが含まれるので、グループAとプラシーボグループの体重減少量に差はないと結論付けることができます。錠剤Bとプラシーボの差の信頼区間には負の数値のみが含まれるので、グループBの被験者はプラシーボグループより体重減少量が少ないと結論付けることができます。言い換えると、錠剤Bは体重の減少を防止します。最後に、錠剤Cとプラシーボの差の信頼区間には正の数値のみが含まれるので、錠剤Cの減量効果はプラシーボよりも有意に高いと結論付けることができます。この分析の結果、錠剤Cを推奨することにしました。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください