等分散性検定の統計量を保存する

統計 > 分散分析 > 等分散性検定 > 保存

分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

統計量についての詳細は、「すべての統計量とグラフ」を参照してください。

保存できる統計量

標準偏差
各グループの標準偏差はSTDEV列に保存されます。
分散
各グループの分散はVARIANCES列に保存されます。
標準偏差に対するBonferroni信頼区間
各グループに対する標準偏差の信頼限界はBONFERRONI列に保存されます。
多重比較区間
各グループに対する多重比較区間の限界値はMCI列に保存されます。このオプションは、正規分布に基づく検定を使用するダイアログボックスでオプションを選択した場合は利用できません。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください