一般多変量分散分析の表示する結果の指定

統計 > 分散分析 > 一般多変量分散分析 > 結果
結果の表示
行列 (仮説、誤差、偏相関)
仮説行列H、誤差行列E、および偏相関の行列を表示します。
固有値分析
固有値と、行列E**-1Hに対する固有値を表示します。
単変量分散分析
各応答変数に対して単変量分散分析を実行します。
項に対応した最小二乗平均を表示
平均の表を表示させるための項を入力します。たとえば、A B D A*B*Dを指定すると、4つ(A、B、Dの各主効果に対して1つ、A*B*Dの3元交互作用に対して1つ)の平均表が表示されます。
カスタム多変量検定を行う項
4つの多変量検定を実行するための項を入力します。デフォルトでは、検定はすべてのモデルの項に対して行われます。詳細は、多変量分散分析(MANOVA)の項に対するカスタム検定を指定するを参照してください。
誤差
4つの多変量検定の誤差項を入力します。この誤差項は、モデルに含まれる1つの項である必要があります。誤差項を指定しなかった場合は、単変量の場合と同様に平均平方の誤差に関連する誤差が使用されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください