一般多変量分散分析に対するSSCP行列

Minitabでは3つの平方和と積和(SSCP)行列が表示され、変動性、誤差、および偏相関を調べることができます。SSCP行列を表示するには、統計 > 分散分析 > 一般多変量分散分析 > 結果へ移行し、結果の表示行列 (仮説、誤差、偏相関)を選択します。

SSCP行列を使用すると、単変量平方和の場合と同様に変動性の分割を評価できます。「モデル項に対するSSCP行列」とラベル付けされた行列は、指定されたモデル項の応答に対する仮説SSCP行列です。対角要素は、各応答のモデル項の単変量分散分析の平方和です。この行列の対角にない要素は積和です。

「誤差に対するSSCP行列」とラベル付けされた行列は、誤差平方和および積和の行です。この行列の対角要素は、応答変数の単変量分散分析の誤差平方和です。この行列の対角にない要素は積和です。この行列は、最初のモデル項のSSCP行列の後に1回表示されます。

「誤差SSCP行列に対する偏相関」とラベル付けされた偏相関の行列を使用すると、応答変数がどのように関連するかを評価できます。対角にない要素は、残差間または同値間の相関で、モデルに条件付けられた応答間の相関です。応答間の相関が低い場合、個々の応答に対して単変量分散分析検定を実行します。この行列は、誤差に対するSSCP行列の後に1回表示されます。

解釈

これらの結果の場合、方法の有用性と品質の単変量平方和は、それぞれ29.07と9.220です。有用性と品質の単変量誤差平方和は、それぞれ49.75と68.59です。有用性と品質の偏相関は0.50413であり、応答変数が中程度に相関していることがわかります。

方法に対するSSCP行列 (調整済み) 有用性 評価 品質評価 有用性評価 29.07 16.372 品質評価 16.37 9.220
誤差に対するSSCP行列 (調整済み) 有用性 評価 品質評価 有用性評価 49.75 29.45 品質評価 29.45 68.59
誤差SSCP行列に対する偏相関 有用性評価 品質評価 有用性評価 1.00000 0.50413 品質評価 0.50413 1.00000
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください