一般多変量分散分析の概要

複数の連続応答変数、カテゴリ因子の共通セット、オプションの共変量がある場合に、2つ以上のグループの平均が異なるかを判断するには、一般多変量分散分析応答変数に相関がある場合、多変量分散分析検定では、多変量応答パターンと、別個の分散分析検定で検出可能な差より小さな差を検出することができます。、を使用します。詳細は、多変量分散分析(MANOVA)について理解するを参照してください。

たとえば、建築製品メーカーの分析者が、建築製品用の異なる合金の強度と柔軟性の影響を調べるとします。強度と柔軟性は相関のある応答変数なので、分析者は、一般多変量分散分析を実行してデータを分析します。

この分析の場所

一般多変量分散分析を実行するには統計 > 分散分析 > 一般多変量分散分析を選択してください。

他の分析を使用する場合

応答が1つか、または無相関の応答変数が複数ある場合は、一般線形モデルを適合を使用して同様の結果を得ることができます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください