区間プロットのデフォルト設定を指定

ツール > オプション > 個別グラフ > 区間プロット

区間プロットのデフォルトを設定します。デフォルトに加えた変更は、Minitabを終了しても、再度変更するまで維持されます。
区間のタイプ
  • 標準誤差:平均から1つ以上の標準誤差に伸びる、標準誤差バーを表示します。
  • 信頼区間:信頼区間を表示します。信頼区間ではデータの正規分布が仮定され、t分布の棄却値が使用されます。
標準誤差区間
  • 複数:正の数を指定して、標準誤差の乗数として使用します。
信頼区間
  • 水準:信頼水準を指定する1~100の数字を入力します。区間バーのエンドポイントは、平均の信頼区間の値に対応します。
  • Bonferroni:ボンフェローニ(Bonferroni)の間隔を計算します。
バーの位置を選択します。Minitabでは片側検定が使用されているため、信頼区間の場合、片側バーは両側バーの同じ側より短くなります。標準誤差バーの場合は、どの側を選択しても、平均から上下に伸びるバーの長さは変わりません。
  • 両側:平均より上と下のバーを描きます。
  • 上方片側:平均より上のバーを描きます。
  • 下方片側:平均より下のバーを描きます。
グループ併合誤差
合併自由度を用いて、信頼区間バーのt分布から棄却値を計算します。または、標準誤差バーで各サブグループの誤差を計算するかわりに、合併標準誤差を用います。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください