ゲージR&R分析のデフォルト設定を指定

ツール > オプション > 管理図と品質ツール > ゲージR£R分析

ゲージR&R分析のデフォルトを設定します。デフォルトに加えた変更は、Minitabを終了しても、再度変更するまで維持されます。
基準変動
測定値の変動を推定するために、標準偏差を掛けるデフォルトの数字を指定します。デフォルトの乗数は6(工程測定値の99.73%を含むのに必要な標準偏差の数)です。

片方の規格のみを指定し、測定値の99.73%を含める場合、6を3に変更する必要はありません。これらの計算ではこの数を2で割ります。

標準偏差の経験値が入力されている場合
  • 標準偏差の経験値から工程変動を推定する:ダイアログボックスに全変動の既知の値が入力されていた場合、過去の標準偏差を使用することを選択します。
  • 調査の部品から工程変動を推定する:過去の標準偏差がダイアログボックスに入力されていても、全工程変動を推定するために、ワークシートで測定データを使用することを選択します。このオプションを選択した場合、セッションウインドウの出力結果および変動成分グラフに%Process列が表示されます。%Process列には、工程標準偏差のうち、各分散成分が占める比率が表示されます。
交互作用項を削除するためのα

Minitabで使用される有意水準を入力して、モデルから交互作用項を削除します。Minitabでは、分散分析法でのみ、このオプションが使用されます。デフォルトの値は0.05です。

交互作用をモデル内に保持する可能性を高くするには、0.10または0.25など、より高い有意水準を使用します。交互作用をモデル内に保持する可能性を低くするには、0.01など、より低い有意水準を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください