Minitabのデータ型とフォーマット

Minitabではデータはワークシートの列に保存されます。各列にはそれぞれ、データ型とデータ表示フォーマットがあります。

データ型

Minitabでは、数値、テキスト、日付か時刻のデータ型が認識されます。列にデータを入力すると、最初に入力した値に基づいてその列にデータ型が割り当てられます。列に入力されるデータは全て同じデータ型でなければなりません。ほとんどの分析では、特定のデータ型が必要です。たとえば、小数点の計算の場合は数値データが必要になります。

日付・時刻列は、列番号の後にDで示されます。テキスト列は、列番号の後にTで示されます。数値列には何も表示されません。次のワークシートには、各データ型の列が表示されています。

C1 C2-D C3-T
数値 日付か時刻 テキスト
4.279 2014/07/26
7.003 2014/08/11
12.127 2014/12/02

Minitabでは、テキスト列内の数字および日付(住所や月名など)はテキストとして扱われます。

列のデータ型を変更するには、データ > データタイプの変更を選択します。

データ表示フォーマット

データ表示フォーマットは、列の値がどのように表示されるかを決定します。たとえば、数値列に通貨記号と小数点以下2桁が表示される場合などがあります。

列のフォーマットを設定するには、列をクリックし、右クリックから列のフォーマットを選択します。

表示されるデータと基になるMinitabで保存された値は異なる場合があります。たとえば、小数点以下2桁のみが表示されていても、基になる値の小数点以下の桁数は4桁である場合があります。あるいは、日付・時刻列に日付のみが表示されていても、基になるデータには時刻も含まれている場合があります。

したがって、列のフォーマットを変更しても、ワークシートでの列の表示方法が変更されるだけで、基になる値自体が変更されるわけではありません。たとえば、セル内の数値が1.2345678で、フォーマットを小数点以下2桁の表示に変更した場合でも、基になる値は1.2345678のままで、すべての計算はその基になる値を使って行われます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください