ワークシート上の各列には、1つの変数のデータが含まれます。列は様々にカスタマイズできます。たとえば、列の名前を付ける、列の説明を記述する、フォントやサイズの変更、また、使用しない列を非表示にする、などの操作ができます。

列を挿入する

  • 列を1つ挿入したい場合は、挿入したい場所でワークシートをクリックし、エディタ > 列の挿入を選択します。
  • 列を複数挿入したい場合は、挿入したい列の数と同じ数の列のセルを選択し、エディタ > 列の挿入を選択します。
新しい列は、選択した列の左側に挿入されます。

列に名前を付ける

列の名前を入力したり変更したりするには、列名のセル(列番号のセルの下)をクリックして、名前を入力します。列名は次の規則に従って付けてください。
  • 30文字を超えないこと。
  • アスタリスク(*)から始まらないこと。
  • ’や#などの記号を含まないこと。
  • 同じワークシート内に存在する別の列と同じ名前でないこと。

列の記述を入力する

コメントが設定されている列は、列名のセルの右上の角に赤い三角形が表示されます。

  • コメントを入力するには、列を選択してエディタ > 列プロパティ > 説明を選択します。
  • 列のコメントを見るには、カーソルを角の赤い三角形に合わせます。
  • すべての列のコメントを見るには、ウィンドウ > Project Managerを選択し、フォルダをクリックします。

列の移動

列をワークシート内の別の場所に移動するには、次の手順を実行します。

  1. 移動させたい1つまたは複数の列を選択して、エディタ > 列の移動を選択します。
  2. 次のいずれかを選択します。
    • 列C1の前:選択した列がC1の前に挿入されます(他の列は右側に移動します)。
    • 使用中の最後の列の後:選択した列が、データが入力されている最終列の後ろに挿入されます。
    • 列の前:選択した列が、選んだ列の前に挿入されます。
  3. OKをクリックします。

列を列にコピー

アクティブなワークシート内の列を別の指定したワークシートの列コピーするには、次の手順を実行します。

  1. データ > コピー > 列から列にを選択します。
  2. 列からコピーに、コピーしたい列を入力します。
  3. コピーされたデータを列に保存から、保存オプションを選択します。
    • 新規ワークシートで:新しいワークシートの名前を入力します(任意)。
    • 次のワークシートで、最後に使用した列の後に: 列のコピー先となる開いているワークシートの名前を入力します。
    • 現在のワークシートで、列で:対象となる列を1つまたは複数入力します。
  4. 列名を含める場合は、コピーされたデータを含む列に名前を付けるを選択します。
  5. 新しい列に含めるか除外する行を指定するには、データをサブセット化をクリックし、次の手順を実行します。
    1. 包含または除外で、コピーした列に行を含めるか除外するかを指定します。
    2. 含める行を指定/除外する行を指定から次のいずれかを選択します。
      • すべての行/行なし:全ての列を含める、またはどの列も除外しません。
      • 一致する行: 条件に一致する行を含めるか除外します。条件をクリックして条件式を入力します。
      • ブラシで選択された行: グラフ上のブラシで選択された点に対応する行を含めるか除外します。
      • 行番号: 指定した行を含めるか除外します。個々の行番号や行番号の範囲を入力します。行範囲の指定には、コロン(:)を使います。たとえば、1 4 6:10と入力すると、1、4、6、7、8、9、10を指定したことになります。
  6. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

列の幅を変更する

列幅の変更方法はいくつかあります。

列幅を手動で変更する

  • 1列の幅を変更するには、列番号のセルの右端にカーソルを合わせます。その後、両矢印をドラッグして、好きな幅に調整します。
  • 複数の隣り合う列の幅を同時に変更するには、各列の1つまたは複数のセルを選択し、どれか一つの列番号のセルの右端にカーソルを合わせます。両矢印を好きな幅にドラッグします。マウスを離すと列の幅が変わります。

アクティブなワークシート内のすべての列の幅を設定する

  1. ワークシート内をクリックし、エディタ > 列プロパティ > 標準の幅を選択します。
  2. 標準の列幅に、表示する文字の数を入力します(1~80)。
  3. 手動で幅を変更した列も含める場合は、個別に設定された幅を変更するを選択します。
  4. OKをクリックします。

選択した列に対して、幅の自動拡大または固定幅を設定する

  1. ドラッグで列を複数選択し、エディタ > 列プロパティ > を選択します。
  2. 次のいずれかを選択します。
    • 幅の自動拡大:列に設定されたデータの長さやフォーマットを元に、幅が決定されます。
    • 固定幅:設定したい長さを直接入力します(80文字まで)。列を非表示にするには、0と入力します。
  3. OKをクリックします。

Minitabのデフォルトの幅を変更する

新規のワークシートに適用されるデフォルトの列幅を変更するには、次の手順を実行します。

  1. ツール > オプション > データウィンドウ > 一般を選択します。
  2. 列幅に、表示する文字の数を入力します(1~80)。
  3. OKをクリックします。

列の表示と非表示

アクティブなワークシートの列を表示または非表示にするには、いくつかの方法があります。

選択した列を隠す

次のいずれかを実行します。

  • 非表示にしたい列のセルを1つまたは複数選択して、エディタ > 列プロパティ > 選択した列を隠すを選択します。
  • 列番号のセルの右端にカーソルを合わせ、列が表示されなくなるまで両矢印を左方向にドラッグします。

選択した列を表示

非表示になっている列の両隣の列を選択し、エディタ > 列プロパティ > 選択した列を表示を選択します。

列を隠すまたは表示する

ワークシートの列の表示を管理できます。

ヒント

ダイアログボックスで非表示の列を表示または非表示にするには、エディタ > 列プロパティ > ダイアログボックスで隠れた列を使うを選択します。

  1. ワークシート内をクリックし、エディタ > 列プロパティ > 列を隠す/表示を選択します。
  2. リストボックス内に表示する列から、隠したいまたは表示させたい列を選択します。
    • すべての列:事前に非表示に設定した列や、データ列間の空の列も含め、データが入力されている全ての列が表示されます。
    • データ列:データが入力されている列のみが表示されます。
    • 空の列:データが入力されている列の間にある空の列のみが表示されます。
  3. 矢印ボタンを使用して、列を列を再表示する列を隠すの間を移動させます。
  4. OKをクリックします。

列を並べ替える

  • 選択した列に含まれる値(日付列など)で、ワークシートの中身を全て並び替える場合、列内をクリックしてエディタ > 列の並べ替え > ワークシート全体を選択します。
  • 2つ以上の列で並び替える場合や、指定した列のみの並び替えを行う場合は、エディタ > 列の並べ替え > カスタム並べ替えを選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください