データラベルについて

データラベルは、グラフに表示される個々のデータに情報を追加します。グラフによってデータの表示方法が異なるので、さまざまなタイプのデータラベルが用意されています。一般に、データラベルはグラフ化される変数の値から生成されますが、独自のカスタムラベルを格納した列を指定することもできます。

データラベルの例

ヒストグラム

Yスケールの値が表示されたラベルがバーにつけられています。

箱ひげ図

外れ値、中央値、平均、および個々のデータにラベルを追加できます。ここでは、箱ひげ図に平均ラベルがつけられています。

円グラフ

個々の分割にパーセント、度数、およびカテゴリ名のラベルを追加できます。

グラフにデータラベルを追加する

ほとんどのMinitabグラフにデータラベルを追加できます。

  1. 次のいずれかを実行します。
    • グラフを作成するときにデータラベルを追加するには、作成しているグラフのダイアログボックスで、ラベルをクリックし、データラベルタブまたは特定のタイプのデータラベルタブをクリックします。
    • 既存のグラフにデータラベルを追加するには、グラフを右クリックして追加 > データラベルを選択します。
  2. ラベルタイプで、次のうちの1つを選択します。
    • y-値ラベルを使用する:データラベルにY軸値を使用します。
    • 行番号を使用する:データラベルにワークシートの行番号を使用します(ヒストグラムでも棒グラフでも使用できません)。
    • 列のラベルを使用する:データラベルに、列に格納された値を使用します。
  3. OKをクリックします。

データラベルの配置と位置を変更する

データラベルの次の設定を変更できます。
配置
データラベルが表示される角度です。たとえば、配置を変更しないとラベルが重なり合う可能性がある場合に角度を変更できます。
オフセット
オフセットとは、ラベルの添付先の項目に対するラベルのアンカーポイントです。ヒストグラムでは、データラベルのデフォルトアンカーポイントは各バーのすぐ上の中心となります。しかし、オフセットを指定することで各バーの左上隅やバー内の最上部などに表示させることができます。
位置
アンカーポイントに対するラベルテキストの位置です。デフォルトでは、ラベルはアンカーポイントの中央、すぐ上に位置付けられますが、アンカーの左右上下のどこに位置付けるかを指定できます。
  1. データラベルを右クリックし、配置タブをクリックします。
  2. 配置を変更するには、テキスト角度で水平に対する角度を指定します。
  3. オフセットを変更するには、オフセットカスタムを選択し、水平位置と垂直位置を選択します。
    水平0、垂直0(デフォルト)
    水平-0.05、垂直-0.05
    水平0.05、垂直0.05
  4. 位置を変更するには、位置カスタムを選択し、アンカーポイントに対するラベルの位置を選択します。
    位置 左へ 右へ
    上方
    中央揃え
    より下
  5. OKをクリックします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください