結線について

結線は、グラフ上のデータ点を結合します。結線によって次の操作を実行できます。
  • 時間経過に伴うトレンドの表示
  • グループの比較

結線は、時系列プロット、経験CDFプロット、およびラインプロットにデフォルトで表示されます。散布図、行列散布図、棒グラフ、箱ひげ図、区間プロット、個別値プロットに結線を追加できます。

結線の例

散布図

この例は、時間経過にともなう毎月の売上げの増加を示しています。

個別値プロット

この例は、1つの店舗の平均売上げが他の店舗より少し高いことを示しています。

グラフに結線を追加する

結線を散布図、行列散布図、棒グラフ、およびヒストグラムに追加できます。

  • グラフを作成するときに結線を追加するには、作成しているグラフのダイアログボックスで、データ表示をクリックします。データ表示タブで、結線を選択します。
  • 既存のグラフに結線を追加するには、グラフを右クリックして追加 > データ表示を選択します。結線を選択します。

結線の関数を変更する

Minitabは接続関数を使用して結線のデータ値を接続します。デフォルトで、真っ直ぐな接続が使用されますが、関数を変更して別の効果を得ることもできます。たとえば、累積和を段階的に表示する場合などです。

  1. 結線をダブルクリックし、オプションまたは接続オプションタブをクリックします。
  2. 接続関数で、次のうちの1つを選択します。
    真っ直ぐな
    ステップ中央
    ステップ
    ステップ
  3. OKをクリックします。

結線の接続順序を変更する

接続順序とは、Minitabがデータ点を接続する順序です。このオプションは一部のグラフでは使用できません。

  1. 結線をダブルクリックし、オプションタブをクリックします。
  2. 接続順序で、次のうちの1つを選択します。
    増加するX
    Yの昇順
    ワークシート

    [ワークシート]接続順序を使用している場合、グラフの外観はワークシートの配列によって異なります。

  3. OKをクリックします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください