真のサイズ、ウィンドウのサイズ、拡大サイズについて

グラフウィンドウのサイズ、グラフの真のサイズ、拡大サイズ、表示サイズを調整できます。

真のサイズ

グラフの真のサイズとは、グラフを印刷したり、ReportPad™に追加したり、別のアプリケーションにコピーする場合の寸法です。より高い画質を得るには、グラフの隅をドラッグしてグラフのサイズを変更するのではなく、真のサイズを増やすようにします。

グラフを真のサイズで印刷するには、次の操作を行います。
  1. グラフがアクティブな状態で、ファイル > ページ設定を選択します。
  2. 紙のサイズに合わせるの選択を解除し、OKをクリックします。
  3. ファイル > グラフを印刷するを選択して、OKをクリックします。
ウィンドウのサイズ

ウィンドウのサイズとは、Minitabでグラフウィンドウを表示するサイズです。

拡大サイズ
拡大サイズは、グラフウィンドウ内でグラフがどの程度拡大されるかを示します。拡大サイズを変更してもグラフの真のサイズ(印刷サイズ)には影響しません。

グラフのサイズを変更する

  • グラフの真のサイズまたは拡大サイズを変更するには、グラフ領域または図領域をダブルクリックし、グラフサイズタブをクリックします。
  • グラフのウィンドウサイズを変更するには、グラフウィンドウの隅または端をドラッグします。
  • 今後のすべてのグラフに対するデフォルトの真のサイズ、ウィンドウのサイズ、拡大サイズを変更するには、ツール > オプション > グラフィックス > グラフサイズを選択し、新しいデフォルトのサイズを指定します。

アスペクト比について

アスペクト比とは、1つの幾何学的図形の異なる向きの寸法を比較するときに求められる比率です。たとえば、正方形の幅と高さは等しいため、そのアスペクト比は1:1です。

Minitabのグラフのデータ領域のアスペクト比の多くは1.5:1ですが、これは、幅が高さの1.5倍であることを意味します。

グラフの各辺の長さを変更することによってグラフのアスペクト比を変更できます。グラフのアスペクト比の変更は、工程に関する知識に基づいて行ってください。片方の軸をもう一方よりも長くすると、その方向に向かって発生する変更が強調されます。片方の軸をもう一方よりも短くすると、その方向に向かって発生する変更が控えめに表されます。このような調整を行うことでデータをより適切に表現できる場合もありますが、誤った使い方をするとデータが正しく表現されなくなる場合があります。

アスペクト比の変更の例

食料品店では、数多くの商品が計り売りされています。次の散布図は、パッケージに表示されている重さと商品の実際の重さとの関係を表したものです。

アスペクト比1.5:1のグラフ

x軸とy軸のスケール範囲は同じで0~10ポンドです。このスケールは似た単位の同じ範囲を表しているので、同じ長さにするのが適切です。

アスペクト比1:1のグラフ

アスペクト比を1:1にすると、どちらの軸で1ポンドの変化があっても、点は同じ距離だけ移動します。新しいアスペクト比では、どちらの軸で1ポンドの変化があっても点が同じ距離だけ移動するので、スケールが同様である事実が強調されています。

長方形のグラフを正方形のグラフ(アスペクト比1:1)に変更する

  1. データ領域外でグラフをダブルクリックします。
  2. グラフと図領域の編集ダイアログボックスのグラフサイズタブをクリックします。
  3. 真のサイズ(インチ)で、カスタムを選択します。
  4. 高さに同じ数値を入力します。たとえば、両方に「8」と入力します。OKをクリックします。
  5. グラフのデータ領域をダブルクリックします。
  6. データ領域を編集するダイアログボックスの位置タブをクリックします。
  7. カスタムを選択します。
  8. X最小とY最小に同じ値(たとえば「0.1」)を入力します。X最大とY最大に同じ値(たとえば「0.9」)を入力します。 値は0~1の範囲で指定します。
  9. OKをクリックします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください