適合回帰直線とは

グラフ上の適合回帰直線は、データの回帰式を表します。適合回帰直線を使用すると、予測変数(Xスケール)と応答変数(Yスケール)の関係を表示し、モデルがデータに適合するかどうかを評価できます。

適合回帰直線の図

適合回帰直線は、データ点と適合線間の平方距離の和を最小にする、最小二乗法を使用して描かれます。

回帰適合線は、線形、2次、または3次モデルに適合させて描くことができます。

線形
2次
3次

モデルを決定するための適合回帰直線の使用例

ここでは、特定の機械設定と消費エネルギー量の関係を分析しています。この関係には曲面性があると考えていますが、それを確認して曲面性を記録する必要があります。次のプロットを作成します。2次モデルは線形モデルよりも適切にデータに適合することが示されています。

線形
2次

グラフに適合回帰直線を追加する

適合回帰直線は、散布図や行列散布図などのグラフに追加できます。

  • グラフを作成するときに適合回帰直線を追加または編集するには、作成しているグラフのダイアログボックスで、データ表示をクリックし、タブを選択します 回帰
  • 既存のグラフに適合回帰直線を追加するには、グラフを右クリックして追加 > 回帰適合を選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください