適合分布線とは

適合分布線とは、サンプルまたはユーザーが入力した履歴値から取得したパラメータ推定値を使用して計算される理論的な分布曲線です。適合分布線を使用すると、サンプルデータが特定の分布にどの程度適合するかを判断できます。通常、これらの分布線は実際のデータと重ね合わせられ、経験値を仮説分布と直接比較できます。

グラフへの適合分布線の追加の例

製品の強度を調べるとします。最初の手順として、応答データが正規分布に従っているかどうかを調べます。これを実行するには、次のような適合正規分布を使用したヒストグラムを作成します。

適合正規分布は良好に適合していないように見えることがヒストグラムによって示されています。頂点の左側と右裾に、期待よりも多くのデータがあります。

グラフ上の表に、曲線の作成に使用されたパラメータ推定値が表示されています。

適合分布線をグラフに追加する

たとえば確率プロットや経験CDFプロットでは、デフォルトで適合分布線が表示されます。これらのグラフやその他のグラフ(ヒストグラムなど)に適合分布線を追加できます。

  • グラフを作成するときに適合分布線を追加または編集するには、作成しているグラフのダイアログボックスで、分布またはデータ表示をクリックし、分布タブを選択します。
  • 既存のグラフに適合分布線を追加するには、グラフを右クリックして追加 > 分布の適合を選択するか、グラフを右クリックして追加 > データ表示を選択します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください