幹葉図プロットの概要

幹葉図プロットを使用して、サンプルデータの形状と広がりを調べます。幹葉図は、脇に表示されるヒストグラムに似ています。ただし、棒を表示する代わりに、幹葉図は、実際のデータ値の数字を表示して、ビン(行)ごとの頻度を示します。幹葉図プロットは、サンプルサイズがおおよそ50より小さい場合に最適です。

たとえば、次の幹葉図は、6月の毎日の最高気温を示しています。

幹葉図表示: 温度

温度の幹葉図 N = 30 3 6 899 4 7 0 6 7 33 10 7 4455 15 7 66777 15 7 88 13 8 00 11 8 223 8 8 44 6 8 667 3 8 8 2 9 01 葉単位=1

このグラフの場所

幹葉図プロットを作成するには、グラフ > 幹葉図を選択します。

代替グラフを使用する場合

幹葉図プロットは各データ値を表すものなので、サンプルサイズが約50未満のときに最適になります。サンプルが50より大きい場合、プロットのデータ点が拡散しすぎて、分布は評価が難しくなる可能性があります。データ点が50個を超える場合は、箱ひげ図ヒストグラムの使用を検討してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください