各Y対各Xの行列散布図の例

あるビジネスアナリストが、活躍の目覚しい中小の製造業者22社を調査しようとしています。アナリストは、顧客数、利益率、売上高、営業年数に関するデータを収集します。

分析者は、最初の調査の一環として、売上高に対する営業年数、利益率、顧客数が関係を調べる各Y対各Xの行列散布図を作成します。

  1. サンプルデータを開く、ビジネス基準.MTW.
  2. グラフ > 行列散布図 > 各Y対各X > 単純を選択します。
  3. Y変数売上高を入力します。
  4. X変数年数、'利益率'、顧客数を入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

各Y対各Xの行列散布図には、売上と事業年数、売上と収益率、売上と顧客数の間に起こりうる正の関係が表示されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください