区間プロットのデータに関する考慮事項

グラフでデータを最も効果的に表現する場合には、次のガイドラインを考慮します。

サンプルサイズは、グループごとにおおよそ10より大きくなければなりません。
通常、サンプルサイズが大きくなるほど、信頼区間は小さく精度も高くなります。信頼区間が広すぎる場合、より大きなサンプルを収集してみてください。 複数のY変数がある場合、サンプルサイズは、Y変数ごとにおおよそ10以上でなければなりません。
グループは、ほぼ同じサンプルサイズにする必要があります。
グループ間(または複数のY変数)のサンプルサイズの差が大きい場合、区間の幅に影響を与えることがあり、結果は誤解しやすくなることもあります。グループ(または複数のY変数)のサンプルサイズがほぼ同じ場合、区間幅の差は、主に変動の差に起因します。
サンプルデータはランダムに選択される必要がある
統計では、ランダムサンプルを使用して母集団についての一般化または推定を行います。データの収集がランダムではない場合、結果には母集団は表示されません。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください