百分位ラインとは、確率プロットと経験CDFプロットでのみ使用できる特殊な参照ラインです。百分位ラインは、適合分布線で交差する2本の線分で構成されています。一方の線分はデータスケールと交差するように表示され、他方は選択したオプションに応じてパーセントスケール、確率スケール、またはスコアスケールと交差するように表示されます。

百分位ラインは、テストの得点を評価する場合によく使用されます。たとえば、第95百分位数に対応するテストの得点を知りたい場合は、95%の位置に百分位ラインを追加できます。対応するデータ値が計算されます。逆に、データ値の位置に百分位ラインを追加すると、対応するパーセントが計算されます。

次の確率プロット上の百分位ラインにより、第95百分位数に順位付けられた従業員の試験の得点は31.64でした。つまり、95%の従業員のテストの得点が31.64以下であるということです。またはテストの得点27は、第70百分位数をわずかに上回っています。つまり、70%をわずかに超える従業員のテストのスコアが27以下であるということです。

第95百分位数
テストの得点27

グラフ作成時に百分位ラインを追加するには、スケールをクリックします。既存のグラフに百分位ラインを追加するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > 百分位ラインを選択します。

百分位ラインを編集するため、ダブルクリックします。属性タブで色、太さ、または線の種類を変更できます。表示タブでは、Xスケール、Yスケールまたはその両方にラベルを表示するかどうかを指定できます。

ラベル

デフォルトでは、百分位ラインにはX軸のラベルとY軸のラベルが含まれています。1つのラベルを最初にクリックしたとき、両方のラベルが選択されます。同じラベルを再度クリックすると、そのラベルしか選択されません(詳細はグラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください)。

百分位ラインの両方のラベルを編集するには、両方のラベルを選択してダブルクリックします。フォントタブで、ラベルのサイズ、色、スタイルまたはフォントを変更できます。表示タブで選択すると、Xスケールラベル、Yスケールラベルまたはその両方を表示できます。

Xスケールラベルのみ、またはYスケールラベルのみを編集するには、個別のラベルを選択してダブルクリックします。フォントタブで、ラベルのテキストを編集して、ラベルのフォント、色、スタイル、またはサイズを編集できます。配置タブで、次のオプションを使用して、ラベルの位置と向きを変更できます。

ヒント

クリックとドラッグで、ラベルを移動することもできます。

テキスト角度
ラベルを回転します。たとえば、時系列プロットでラベルを35度回転すると、読みやすいところまでラベルを寄せることができます。
テキスト角度 = 0(デフォルト)
テキスト角度 = 35
位置
アンカーポイントを基準に位置を変更します。位置カスタムを選択して、位置を選択します。次の例には利用可能な3つの位置が示されています。
上方(デフォルト)
より上、左へ
より下、右へ
オフセット
現在の位置を基準にラベルを水平または垂直に移動します。オフセットの下で、カスタムを選択して、水平または垂直距離を指定してラベルを移動します。
水平0、垂直0(デフォルト)
水平-0.05、垂直-0.05
水平0.05、垂直0.05
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください