適合回帰直線を使用すると、予測変数(X)と応答変数(Y)の関係を評価し、線形、2次、または3次モデルがデータに適合するかどうかを評価します。

グラフ作成時に適合回帰線を追加または定義するには、データ表示をクリックします。既存のグラフに適合回帰直線を追加するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > 回帰適合を選択します。適合回帰線を編集するには、編集したい線を選択してダブルクリックします。線の選択に関する詳細はグラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください。

次の項目をカスタマイズできます。
モデルの次数
回帰またはオプションタブで、適合回帰線のモデルを選択します。
線形
線形モデルであれば、一定の割合でのデータの増加または減少を示すことができます。
2次
2次モデル(たいていU字型または逆U字型になることが多い)では、データの曲面性を表現できます。
3次
3次モデルでは、データの「起伏」パターンを表現できます。
切片を適合する

デフォルトでは、Y切片の項が含まれています。通常はモデルに切片を含める必要があります。Y切片なしで回帰線を適合するには、回帰またはオプションタブで切片を適合するを解除します。

ライン属性
属性タブで、適合線の色、太さ、またはタイプを変更します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください