以下のグラフを選択します。

確率プロット

適合分布線を使用して、サンプルデータが特定の理論的分布にどの程度適合するかを評価します。デフォルトでは、正規分布を適合して、サンプルの正規分布のパラメータを推定します。分布とパラメータの詳細は適合線の分布を参照してください。

たとえば、次の確率プロットでは、中央の塗りつぶし線は適合正規分布線です。

プロット作成時に分布とパラメータを指定するには、分布をクリックします。データ表示タブでは、表示オプションを指定または信頼区間の信頼水準を変更できます。

記号または適合分布線を追加または既存のグラフから削除するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。既存のグラフで設定を変更するには、適合分布線をダブルクリックします。オプションタブでは、分布、適合パラメータまたは信頼区間を変更できます。属性タブで線の色、線の太さ、または線の種類を変更できます。

信頼区間

デフォルトでは、確率プロットの信頼区間には分布の個別の百分位数の95%信頼限界が表示されます。これらの区間はプロットの外側の塗りつぶし線を形成し、個別の百分位数の推定値の正確性を評価するために使用できます。信頼区間は分布適合値の評価には使用できません。

ヒント

マウスポインタを適合分布線または信頼区間にのせ、推定百分位数の表と、関連する点別の信頼区間を表示します。ツールチップのテキストをコピーするには、ツールチップを持つ要素を選択して、エディタ > テキストをコピーを選択します。

経験CDFプロット

適合分布線を使用して、サンプルデータが特定の理論的分布にどの程度適合するかを評価します。デフォルトでは、正規分布を適合して、サンプルの正規分布のパラメータを推定します。分布とパラメータの詳細は適合線の分布を参照してください。

たとえば、次の経験CDFプロットでは、赤い塗りつぶし線は適合正規分布線です。

プロット作成時に分布とパラメータを指定するには、分布をクリックします。データ表示タブでは、接続線、適合分布線または両方を表示するか指定できます。

接続線または適合分布線を追加または既存のグラフから削除するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。既存のグラフで接続線または適合分布線を変更するには、ダブルクリックします。属性タブで線の色、線の太さ、または線の種類を変更できます。適合分布線のオプションタブでは、分布、適合パラメータを変更できます。接続線のオプションタブでは、接続関数を変更できます。詳細は接続線を参照してください。

ヒント

マウスポインタを適合分布線にのせて、推定百分位数の表を表示します。ツールチップのテキストをコピーするには、ツールチップを持つ要素を選択してエディタ > テキストをコピーを選択します。

ヒストグラム

適合分布線を使用して、サンプルデータが特定の理論的分布にどの程度適合するかを評価します。デフォルトでは、正規分布を適合して、サンプルの正規分布のパラメータを推定します。分布とパラメータの詳細は適合線の分布を参照してください。

たとえば、次のヒストグラムには適合正規分布線が含まれています。

グラフ作成時に異なる分布を指定または分布パラメータを入力するには、データ表示をクリックて、分布タブをクリックします。適合分布線を既存のグラフに追加するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > 分布の適合を選択します。既存のグラフでオプションを変更するには、適合分布線をダブルクリックします。オプションタブでは、分布または分布パラメータを変更できます。属性タブで線の色、線の太さ、または線の種類を変更できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください