計算されたライン

計算されたラインをグラフに追加して、目標値、変数間の理論的関係、またはトレンドを特定します。1つのスケールで単一の値に位置する水平線または垂直線である参照線とは異なり、計算されたラインは傾いた線や複雑なポリラインになり得ます。

グラフに計算されたラインを追加するには、エディタ > 追加 > 計算されたラインを選択して、このラインを定義するX座標とY座標が含まれる2つの列を入力します。たとえば、次の時系列プロットには、売上目標を表す計算されたラインが含まれています。YX列の値は、3つの線分の終点の座標を示します。

C1 C2 C3
売上高 Y X
210 200 2
205 350 8
202 450 16
245 500 24
...  

計算されたラインは更新できません。座標の値を変更する場合、既存の計算されたラインを削除して、新しい座標の値に基づいて新しい計算されたラインを追加する必要があります。

計算されたラインを編集するには、ダブルクリックしてください。次の項目を編集できます。
ライン属性を変更する
計算されたラインをダブルクリックして、色、太さ、線の種類または矢印のスタイルを変更します。たとえば、次のヒストグラムでは、計算されたラインの色と線の種類がカスタマイズされています。
単位を変更する

Minitabでは、座標システムを使用して計算されたラインの位置を追跡します。座標は、グラフスケールまたは図単位と関係があり、図の領域と関係があるデータ単位で表せます(通常、図領域はグラフ全体を範囲としています)。計算されたラインはデータ単位で定義されているので、通常、図単位には変更できません。単位を変更するには、計算されたラインをダブルクリックします。単位タブで、座標システムをデータ領域単位から図領域単位に切り替えるを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください