既存のグラフにパネルを追加(パネルタブ)

既存のグラフをカテゴリ変数の水準ごとの個別のパネルに分割できます。たとえば、これらの個別値プロットは両方とも同じデータのグラフを示します。2番目のプロットはエネルギー源の水準ごとのパネルを個別に表示します。

パネルなし
エネルギー源によるパネル化

グラフをクリックしてエディタ > パネルを選択します。パネルタブで同じグラフウィンドウ内に各グループのグラフを表示にパネル変数を入力します。

個別のパネルまたはグループごとに個別のグラフ(グループ変数タブ)を作成する

グラフ作成時に、個別のパネルまたは個別のグラフにグループを表示できます。たとえば、箱ひげ図では、エネルギー源変数の水準ごとのデータは個別のパネルに表示されます。

C1 C2 C3-T
工程1 工程2 エネルギー源
50 32 A
46 31 B
45 30 A
... ... ...

グラフ作成時に多重グラフをクリックします。グループ変数タブで、同じグラフウィンドウ内に各グループのグラフを表示または異なるグラフウィンドウに各グループのグラフを表示の適切なボックスにグループ変数を入力します。

同じグラフでパネル化またはグループ化する際に同じ変数を使用しないでください。たとえば、同じグラフウィンドウ内に各グループのグラフを表示にC1を入力する場合、グループ(カテゴリ)変数 (1~4、最初の変数が一番外側のグループ)にはC1を入力しません。

個別のパネルまたはY変数ごとに個別のグラフ(多重変数タブ)を作成する

複数のY変数が含まれているグラフを作成するとき、個別のパネルまたは個別のグラフに各Y変数を表示できます。たとえば、次の区間プロットには、個別のパネルにフラッシュ回復直後電圧の各Y変数が表示されます。

C1 C2 C3-T
フラッシュ回復 直後電圧 製造方法
4.49 1.342
4.89 1.449
4.12 1.246
... ... ...

これらのステップに従って、こうしたグラフを作成します。

  1. グラフメニューからグラフを選択します。
  2. 次のいずれかを実行します。
    • 箱ひげ図、区間プロットまたは個別値プロットでは、1つのY単純または1つのYグループを選択します。
    • ラインプロットでは、1つのYオプションのいずれかを選択します。
    • 棒グラフでは1つのY単純1つのYクラスターまたは1つのY積み重ねを選択します。
    • すべての他のグラフでは、オプションを選択します。
  3. 変数を入力します。
  4. 多重グラフをクリックします。
  5. 同じグラフウィンドウ内にグラフを表示を選択します (個別のグラフに各Y変数を表示するには異なるグラフウィンドウにグラフを表示を選択します)。
  6. (オプション)パネルごとのY軸に同じ範囲を使用するには、同一のY軸スケールを選択します。

    グラフを作成した後にY軸をダブルクリックして、尺度タブにすべてのパネルに対する同じスケールの範囲を選択することもできます。

パネルのラベルのフォントを変更する

パネルのラベルのフォント、色、スタイル、サイズを変更するには、フォントタブをクリックします。

パネルのラベルにY変数名を含める

デフォルトでは、Y変数でパネル化するとき、Minitabではパネルのラベルが変数名に表示されます。変数名を削除するには、オプションタブをクリックしてグラフ変数名を選択解除します。たとえば、最初の箱ひげ図のパネルのラベルにはY変数名、変色欠陥クランプ欠陥が含まれます。2番目の箱ひげ図のパネルのラベルにY変数名は含まれません。

グラフ変数名選択済み(デフォルト)
グラフ変数名選択されていない

パネル間の目盛を入れ替える

デフォルトでは、隣接するパネルの反対側に目盛が表示されます。全パネルの同じ側に目盛を表示するには、オプションタブをクリックして、パネルを替えないを選択します。

交互のパネル(デフォルト)
パネルを替えない

パネルの行と列の配置を変更する

行と列の数を変更するには配列タブをクリックし、カスタムを選択して、行と列の数を指定します。

3列、2行
2列、3行

パネル間のマージンを変更する

パネル間の隙間を変更するには、配列タブをクリックして、パネル間の余白の数を変更します。

マージン = 0
マージン = 0.04
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください