管理図の時間スケール

これは、Xbar管理図上のX軸などの管理図の時間スケールに関するトピックです。他のスケールタイプの詳細は次のリンクのいずれかをクリックします。

スケール要素を表示または非表示

グラフのスケール要素は軸線、軸ラベル、目盛、目盛ラベルです。グラフのデータ領域の高い側または低い側にこれらの要素を表示できます。

たとえば、次の時系列プロットの連続(Y)スケールでは、低い側に目盛と目盛ラベルが表示されます。時間(X)スケールでは、低い側に目盛と目盛ラベルが表示されます。軸線はすべての側にあります。

グラフ作成時に含める要素を指定するには、スケールをクリックして、軸と目盛タブにある要素を選択します。既存のグラフに要素を変更または追加するには、スケールをダブルクリックして、表示タブで要素を選択します。

時間スケールラベルを指定する

管理図の作成時に使用するラベルを指定するには、スケールをクリックして時間タブでラベルを指定します。既存のグラフのラベルを変更または追加するには、xスケールをダブルクリックし、時間タブのラベルを指定します。

指標
サブグループ数でX軸にラベルをつける
スタンプ
列から値付きのX軸にラベルをつけます。スタンプ列 (1~3、一番内側が最初)に、スケールに日付・時刻、数値またはテキストの値が含まれている最大3つの列を入力します。

目盛の位置を変更する

グラフ作成時、時間スケールに適合するように目盛位置が設定されます。目盛位置を変更するには、スケールをダブルクリックします。尺度タブで、目盛位置の下にある次のいずれかを指定します。
自動
デフォルトの位置に目盛を表示します。
目盛位置を指定する
目盛を表示したい目盛位置の数を入力します。一連の数値の入力や、値の範囲指定ができます。範囲を指定するには、2つの数字の間にコロンを使用します。範囲の後ろにあるスラッシュは増分を示します。たとえば、5:30/5の場合、5、10、15、20、25、30の間隔で目盛が配置されています。
たとえば、カスタム目盛位置を持つ時系列プロットでは、時間スケール上の最初の目盛は4の位置(4月)にあります。増分は3(3か月ごと)です。
デフォルトの目盛の位置
カスタム目盛の位置

時間スケールの値を指定したり、時間タブで範囲を指定したりできます。

スケール範囲を変更する

時間スケールでは、観測値が軸の長さに拡大するようにスケールの範囲が設定されます。軸上の観測値の表示を縮小または拡大したい場合、時間スケールをダブルクリックします。尺度タブのスケールの範囲の下で最小値または最大値自動を解除して新しい最小値または最大値を入力します。

軸ライン属性、目盛の方向の変更

軸線と目盛の色、サイズ、線の種類、目盛の向き、主目盛の長さを変更するには、スケールをダブルクリックして、属性タブでオプションを指定します。次の画像は目盛の向きを示しています。
外側
内側
両側

目盛ラベルを変更する

グラフ作成時、データ値は目盛ラベルとして使用します。既存のグラフにカスタム目盛ラベルを指定するには、スケールをダブルクリックします。ラベルタブで指定されたを選択して、スペースで区切られたカスタムラベルを入力します。

たとえば、最初のグラフでは、デフォルトのラベルは、適合するには長すぎるので回転させます。2番目のグラフのカスタムラベルが短くなるほど、より適合します。
デフォルトの目盛のラベル
カスタム目盛ラベル

フォントタブでは、目盛ラベルのフォントを編集できます。配置タブで目盛ラベルの角度を変更できます。

軸ラベルを変更する

軸ラベルを編集するには、ラベルをダブルクリックします。フォントタブで、テキストやフォントを編集します。配置タブで、デフォルト位置を基準としてテキストの角度と位置を指定します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください