スケール要素を表示または非表示

グラフスケールの要素は軸線、軸ラベル、目盛、目盛ラベルです。グラフのXスケール、Yスケール、Zスケールにこれらの要素を表示できます。たとえば、次のグラフでは、軸線、主目盛、目盛ラベルがすべての3つの軸に表示されます。
3D散布図
3D曲面プロット

グラフ作成時に含まれる要素を指定するには、スケールをクリックして、軸と目盛タブ上の要素を選択します。既存グラフの要素を変更または追加するには、スケールをダブルクリックして、表示タブ上の要素を選択します。

主目盛の位置を変更する

既存のグラフの主目盛位置を変更するには、スケールをダブルクリックします。Scaleタブで、主目盛位置の下にある次のいずれかを指定します。
  • 自動:デフォルトの位置に目盛を表示します。
  • 目盛の数:目盛の数を入力します。軸線に沿って均等に目盛を配置します(一部のグラフには利用できません)。
  • 目盛位置:主目盛を表示するスケール値を入力します。一連の数値の入力や、値の範囲指定ができます。範囲を示すには、2つの数の間にコロンを使用します。範囲の後ろにあるスラッシュは増分を示します。たとえば、5:30/5は、目盛を5、10、15、20、25、30に配置します。
たとえば、次の散布図は同じデータを図示します。あるプロットはデフォルトの目盛位置を表示し、他のプロットではカスタム目盛位置を使用します。
デフォルトの目盛の位置
カスタム目盛の位置

スケールの範囲を変更する

スケールの範囲を変更するには、スケールをダブルクリックします。ScaleタブのScaleの下で、最小値または最大値自動を選択解除し、新しい最小値または最大値を入力します。

たとえば、次の箱ひげ図は同じデータですが、Yスケールの範囲は異なります。
デフォルトのYスケール範囲
カスタムYスケール範囲

補助目盛の数を変更する

2つの主目盛の間に表示される補助目盛の数を変更するには、スケールをダブルクリックします。Scaleタブで自動を選択解除して数値を入力します。
1補助目盛
4補助目盛

補助目盛をグラフに表示するには、表示タブ上で選択する必要があります。

軸のライン属性を変更する

軸線と目盛の色、サイズ、線の種類を変更するには、スケールをダブルクリックして、属性タブでオプションを指定します。

目盛ラベルのフォントを変更する

目盛ラベルのフォントを変更するには、スケールをダブルクリックして、フォントタブを選択します。

軸ラベルのフォントとテキストを変更する

軸ラベルを編集するには、ラベルをダブルクリックします。フォントタブでテキストとフォントを変更します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください