加速寿命試験分析から関係プロットを修正する

関係プロット
関係プロットには、各加速変数と加速寿命試験分析の故障時間の関係が表示されます。詳細は加速寿命試験の概要を参照してください。関係プロット作成後、百分位数と一部の表示オプションを変更できます。関数ラインをダブルクリックし、オプションタブをクリックします。
次のパーセントに対する百分位数をプロットする
百分位数をプロットするパーセントを入力します。そのときにプロット上に百分位数の信頼区間を表示する方法を示します。
  • 中央百分位数に対する信頼区間を表示する
  • すべての百分位数に対する信頼区間を表示する
  • 信頼区間を表示しない
故障時間をプロットに表示する
プロット上に故障時間(正確な故障時間または区間打ち切りの観測値の区間の中点)の点を表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください