記号は個別値(連続スケール)を表す

一部のグラフでは、観測値ごとに記号が表示されます。グラフにグループがある場合、グラフはグループごとに異なる種類の記号を表示できます。たとえば、次の散布図では、観測値ごとに記号が表示されます。観測値の各グループでは、記号の種類は異なります(形状と色)。

デフォルトでグラフに記号がない場合は追加できます。グラフ作成時に記号を追加するには、データ表示をクリックします。既存のグラフに記号を追加するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。記号を編集するには、編集したい記号を選択してダブルクリックします。記号の選択に関する詳細はグラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください。

記号の外観を編集する
属性タブ上で、選択した記号の種類、色、太さを編集できます。
ヒント

グラフ要素のデフォルト設定と属性を変更するには、ツール > オプション > グラフィックスを選択します。

重なっている点を表示するためにゆらぎを使用する

(すべてのグラフで使用不可)グラフに同一のデータ値がある場合、これらのデータ点は重なり合って隠れてしまうことがあります。ゆらぎは、重なりを減らしやすくするために各点をランダムに押し上げます。ゆらぎはランダムなので、点ごとの位置は、同じグラフを再作成する度にわずかに異なります。ゆらぎをグラフに追加するには、ゆらぎタブで方向にゆらぎを加えるを選択します。X方向とY方向のゆらぎの量を調整するには、異なる値を入力します。

ゆらぎがない次の個別値プロットでは、同一データ点は同じ位置に表示され、記号は互いに重なり隠れてしまいます。点にゆらぎが加えられると、表示される点が増えます。
ゆらぎなし
ゆらぎ

記号は個別値(カテゴリスケール)を表す

一部のグラフでは、次の個別値プロットのように、各記号が1つの観測値を表します。

グラフ作成時に記号を追加するには、データ表示をクリックします。既存のグラフに記号を追加するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。記号を編集するには、編集したい記号を選択してダブルクリックします。詳細はグラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください。

記号の外観を編集する
属性タブ上で、選択した記号の種類、色、太さを編集できます。
ヒント

グラフ要素のデフォルト設定と属性を変更するには、ツール > オプション > グラフィックスを選択します。

重なっている点を表示するためにゆらぎを使用する

グラフ上に同一のデータ値がある場合は、これらのデータ点が重なって隠れてしまうことがあります。同じ点の記号にオフセットまたはゆらぎを適用するには、まずすべての点を選択します。同一点タブでオプションの1つを選択し、記号をわずかに移動して、重なり合う点を表示させます。

  • 左右対称オフセット:同一の点で重なっている記号を、中心から左右対称にX方向に動かします。このオプションを使用すると、生成するたびにグラフは同じに見えます。
  • ゆらぎ:ゆらぎは、重なりを減らしやすくするために、各記号をランダムに押し上げます。ゆらぎはランダムなので、記号ごとの位置は同じグラフを再作成する度にわずかに異なります。X方向とY方向のゆらぎの量を調整するには、異なる値を入力します。
  • なし:同一データ点は同じ場所に表示され、その結果、記号は互いに重なり隠れてしまいます。

記号は要約統計量を表す

次の区間プロットのようなグラフでは、平均、中央値、または度数などの要約統計量を記号で表示します。次の区間プロットでは、区間内の記号はグループごとの平均を表します。

グラフ作成時に記号を追加するには、データ表示をクリックします。既存のグラフに記号を追加するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。記号を編集するには、編集したい記号を選択してダブルクリックします。記号の選択に関する詳細はグラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください。

属性タブ上で、選択した記号の種類、色、太さを編集できます。

ヒント

グラフ要素のデフォルト設定と属性を変更するには、ツール > オプション > グラフィックスを選択します。

ドットプロットのドット

可能な場合は、ドットプロット上の観測値ごとに1つのドットで表示されます。可能でない場合、フットノートは、ドットごとに表現される観測値の最大数を示します。たとえば、次のドットプロットでは、各ドットは個々のカルシウム水準を表します。

ドットを編集するには、編集したいドットを選択してダブルクリックします。ドットの選択に関する詳細はグラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください。

ドットの外観を編集する

属性タブ上で、選択したドットの種類、色、サイズを編集できます。

グループを積み重ねる、または積み重ねない
(周辺分布図は使用不可)ドットプロットにグループがある場合、オプションタブで一番内側のカテゴリ変数のドットを積み重ねるを選択してグループを積み重ねます。
積み重ねられたグループ
積み重ねないグループ
グループの積み重ね順序を変更する
(周辺分布図は使用不可)グループ化列の値の順序に基づいてグループを積み重ねます。詳細はMinitab出力でのテキスト値の表示順序の変更を参照してください。オプションタブでは、グループの積み重ね順序を選択します。
積み重ねの上部
最初のグループは積み重ねの一番上に、2番目のグループはその下にあります。
積み重ねの底部
最初のグループは積み重ねの一番下に、2番目のグループはその上にあります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください