バブルプロット上に、観測値ごとにバブルが表示されます。バブルの位置はXとYを表しています。バブルのサイズは、別な変数を表しています。たとえば、次のバブルプロットは、ある販売代理店での車の全体MPG対合計容積を示しています。バブルのサイズは車両価格を表しています。

バブルを編集するには、編集したいバブルを選択してダブルクリックします。バブルの選択に関する詳細は、グラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください。

バブルサイズを選択する
属性タブで、各バブルのサイズを決定する方法を変更できます。次のいずれかを選択します。
  • Minitabでサイズを計算:すべてのバブルの面積をバブルサイズ変数の最大値に比例してスケールします。たとえば、バブルサイズの列に値1、2、3が含まれているとします。値3を30に変更する場合、その他のバブルのサイズを減らします。,最大バブルサイズを入力して、それに比例してプロットにあるすべてのバブルの面積を増加または減少させます。
  • バブルサイズ変数にサイズが含まれる:バブルサイズ変数を使用して、各バブルの半径を決定します。半径は、各バブルの面積というより、バブルサイズ変数の線形関数と言えます。バブルサイズは最大値によって変わることはありません。たとえば、バブルサイズの列に値1、2、3が含まれているとします。値3を30に変更する場合、その他のバブルのサイズは変更しません。バブル半径の最大値は100です。
バブルの色を変更する
属性タブで線の色を変更できます。カスタムを選択して、バブルの色を選択します。
重なっているデータを表示するためにゆらぎを使用する
グラフ上に同一のデータ値がある場合は、これらのデータ点が重なって隠れてしまうことがあります。ゆらぎは、重なりを減らしやすくするために各データ点をランダムに押し上げます。ゆらぎはランダムのため、同じグラフを再作成するたびに各点の位置は少し異なります。グラフにゆらぎを追加するには、ゆらぎタブで方向にゆらぎを加えるを選択してください。ゆらぎの量を調整するには、別な値を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください